DHC ギムネマ

DHCの「ギムネマ」は大好きな「甘いもの」をムダ肉にしない!我慢せずに余分な糖分をブロックしてくれるサプリメントです。

1日3粒目安で30日分が1,183円(税込)です。

ギムネマはインド原産のハーブの一種です。

葉を噛むと甘味を感じにくくさせる作用があります。血糖値の上昇や脂肪の蓄積を抑える効果があるため、肥満予防のためのハーブティーやサプリメント原料として利用されています。

ギムネマの葉を噛むことで、一時的に砂糖などの甘味を感じにくくなるのは、ギムネマに含まれるギムネマ酸によるものだと考えられています。

ギムネマ酸には、グルクロン酸というブドウ糖によく似た構造の物質が含まれるため、舌の味蕾(みらい)にある甘味を感じる部分に結合して、その感覚を麻痺させるという仕組みで甘味を感じなくしています。

ギムネマ酸は甘味に対してのみ作用し、苦味や酸味、塩味には影響しないという特徴があります。

さらに、ギムネマは小腸での糖の吸収を抑える作用もあります。このような特性から、ギムネマは肥満を予防するためのサプリメント原料として利用されることの多い成分です。

ハーブティーや、ギムネマから抽出された成分を配合したサプリメントで摂取するのが一般的です。

ギムネマに期待される効果

血糖値を下げる

ギムネマには、血糖値を下げる効果があると言われています。

肥満や運動不足などの生活習慣が原因で、血糖値が正常に保てなくなると、糖尿病になる可能性が高まります。

糖尿病が悪化すると、全身の血管や神経などに悪影響を及ぼし、合併症や動脈硬化の原因になります。

食事中の糖質が体内に吸収されると、血糖値の急激な上昇を抑えるために、インスリンという血糖値を正常に保つホルモンが必要な量だけ分泌されます。

しかし、糖尿病では、インスリンの分泌が少なくなったり、インスリンの働きが悪くなるので、血液中のブドウ糖が処理されず、食後に血糖値が急激に上昇します。

ギムネマは、小腸での糖の吸収を抑えるという作用があり、血糖値の上昇を抑える効果があります。

肥満を予防する

肥満は、カロリーの高い食事による摂取エネルギーの増加のほかに、朝食を抜く、夜食を食べるといった不規則な食生活や、運動不足も原因です。

肥満には、皮下脂肪が厚くなる「皮下脂肪型肥満」と、内臓の周りに脂肪が溜まる「内臓脂肪型肥満」の2つのタイプがあります。

内臓脂肪型肥満は、見えない体型なのですが、内臓に脂肪が溜まっている場合があります。いわゆる「隠れ肥満」というやつです。このタイプは生活習慣病にかかりやすいので注意が必要です。

肥満は、動脈硬化の原因にもなります。さらに動脈硬化が進むと血液の流れが悪くなり、高血圧を引き起こします。

ギムネマは、摂りすぎた糖を中性脂肪として体に蓄積されにくくする働きがあります。余分な糖を体の外へと排出させることができるため、肥満を予防する効果があります。

便秘を解消する効果

食生活の欧米化による食物繊維の摂取量の減少によって、便秘の人が増えています。

また、過度なダイエットで食事量が少なくなると、便をつくる量が不足して便秘になることがあります。

便秘になると、腸内環境が悪化し、肌トラブルにもつながります。

ギムネマは糖の吸収を抑えた際に、吸収されなかった未消化物が食物繊維と似た働きをするため、便の量を増やして便秘を改善する効果が期待できます。

DHCのギムネマを購入するにはこちらから
 

満腹感サプリランキングページへ

↓↓↓